ホーム

 


反核医師の会とは

 広島・長崎に原爆が投下された直後より、我々の先輩の医師達は自ら傷つきながらも献身的に犠牲者の治療にあたりました。全国からも、たくさんの医師が応援にかけつけました。
 しかし、あまりにも多数の犠牲者、役に立たない医療器械、皆無に等しい医療資材など大量破壊兵器の前には医療はあまりにも非力でした。そして、さらに放射線障害の恐ろしさと、それに対して医学が全く無力であることを思い知らされたのです。

 そして、そのことは今も変わりません。ある一定のレベルを超えて放射線を浴びると死を免れることは不可能です。それ以下のレベルでも放射線を浴びると、将来ガンになる確率は非常に高くなります。今の医学では、これらはどうすることもできません。

 治療することができないなら、予防すること。それが医師の務めと考える医師達が全国各地にいました。1987年8月1〜2日、東京において「核戦争に反対し、核兵器の廃絶を求める医師・医学者の集い」が開催されました。この集いには2,000名以上の医師・歯科医師・医学者たちの賛同の意思表示を背景に、294人の医師・医学者が参加しました。これが、全国的な医師・医学者のつどいの始まりです。

 現在、会員は約430人、国際法にも違反する非人道的兵器である核兵器の廃絶を求めて活動をしています。